注射が苦手な看護師は小児科を選ぶ

さまざまな夢をみて看護師に憧れを抱き、勉強して難しい試験を受けて合格した看護師たち。看護師は資格がなければ業務のできない業務独占資格であるため、看護師として働くためには資格を取得しなくてはいけません。このような難関を潜り抜けて晴れて看護師になったとしても、最初からベテラン看護師のように業務につけるわけではないのです。特に、看護師として業務の多い注射業務ですが、看護師の勉強をしている段階の実習では、生身の人間に注射できる機会もあります。しかし、通常の授業のときは模型の腕などを使って行なうため、実際生身の人間に注射を打つには緊張して、何年仕事しても注射や点滴は苦手だという人も多いようです。
そこで、実際看護師として働いていたけれどなかなか注射業務に慣れることができず、転職を考える人も多くいます。多くの人が、せっかく取得した看護師の資格は捨てたくはないので、転職先も病院の看護師を目指す人はたくさんいるようです。どの診療科でも、採血のための注射や治療のための注射・点滴などを行なうケースが多々あります。その中で、注射の苦手な看護師が働きやすい環境にある科があります。それが小児科です。小児科でも採血や点滴などは行なうことがありますが、子どもは泣いてしまってなかなかさせなかったり、親が「看護師でなく医師に注射を行なってほしい」と言う場合があります。そこで、予防接種をはじめとして、子どもに針を刺す業務を医師が行なっている病院もあります
。どうしても病院で働きたいけれど、注射は苦手という看護師は転職の面接の際、注射が苦手なことを伝えることです。患者さんに対してのその病院の注射の体制は、どうなっているのかというのを確認してみるといいでしょう。もっと詳しく知るなら・・・・・ナースのための注射ガイド・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です