転職したその日から通常業務が待っている

看護師に憧れて看護師の資格を取得すると、晴れて看護師として働くことができます。看護師の資格を手に入れた直後は、実に看護師としての使命感に燃えていることでしょう。しかし、3年もたつと仕事に慣れてきて、自分が今の病院に向いているか・また今の職場の仕事に満足できているかなどを考える余裕が出てくるものです。
今の職場や仕事のやり方などに不満を感じでも、看護師としての仕事をしたいという場合は、看護師としての転職を考えることになります。看護師は慢性的な人材不足を抱えているため、どこの病院でも歓迎される傾向があるようです。また、実際数年でも看護師として仕事をしてきたのであれば、新人より経験などがあることから、即戦力として雇用されやすくなります。そのため、看護師経験者は転職の際、新人看護師より採用されやすいのです。新人の看護師が転職をすると、さまざまなな研修などを行なわなくてはなりません。しかし、他の病院で看護師としての経験がある人は、一般的な看護業務に関しての研修がいらないのです。そのようなことから、転職して採用された場合は初回の勤務日から注射や点滴など、今までここにいて働いていた看護師たちと同じような仕事をこなしていかなくてはなりません。
これから転職を考えている看護師は、転職先で恥ずかしい思いをすることのないよう、最低でも注射や点滴その他の一般的な看護業務だけは、しっかりできるようにしておく必要があります。そういった仕事がきちんとできる人が、転職先でも採用しやすいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です